日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ、企業は労働者を酷使するのか

「日本を貧しくしないための経済学」上条勇著(ナカニシヤ出版)

 とても質の高い日本経済論だ。恐怖をあおるでもなく、極論を展開するでもなく、日本経済に起きていることを淡々と解説していく。難しい経済理論は登場せず、数学もまったく使われない。出てくるのは、歴史的事実と丁寧な論理展開だ。だから経済学に詳しくない読者にも、本書は読みやすいはずだ。

 しかも、著者が語っているのは、経済をどのように見たらよいのかという「物の見方」だから、やさしくても、深く理解できる。

 もちろん、だからといって、著者に主張がないわけではない。むしろ、しっかりとしたスタンスを貫いている。それは、新自由主義が大部分の国民を幸せにはしないということだ。

 著者は、「なぜ企業が利益を追求し続けるのか」を問うことは意味がないという。永遠に増殖し続けるお金の運動体が資本であり、その資本が中心となる社会が、資本主義社会だというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事