この本をネタに居酒屋で話をしたらきっと楽しい

公開日: 更新日:

「あっと驚く科学の数字」数から科学を読む研究会著

 少し科学をかじった人でも、びっくりするような数字をまず掲げる。そして、なぜそうなっているのかという謎解きを最新科学で解説していくというのが、本書の基本的な仕掛けだ。

 例えば、「太陽の中心を出た光が地球に届くまで1000万年かかる」と言われたら、誰でも驚くだろう。しかし、本書には十分納得できる解説が展開されているのだ。

「科学はおもしろい」と改めて思う。私が小学生のころ、学校で学研の「科学」と「学習」という子供向け雑誌が売られていた。「学習」のほうは一度も買ったことがないが、「科学」のほうは、ちょくちょく親に言って買ってもらい、ワクワクしながら読んだ。そのときの興奮が、本書を読んでいてよみがえってきた。

 少年の心を持ち続けていたからというよりは、初めて知ることが多かったからだ。すでに科学界では常識になっているのかもしれないが、学校を卒業してから30年以上が経って、私の科学知識は相当に陳腐化していたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード