この本をネタに居酒屋で話をしたらきっと楽しい

公開日:  更新日:

「あっと驚く科学の数字」数から科学を読む研究会著

 少し科学をかじった人でも、びっくりするような数字をまず掲げる。そして、なぜそうなっているのかという謎解きを最新科学で解説していくというのが、本書の基本的な仕掛けだ。

 例えば、「太陽の中心を出た光が地球に届くまで1000万年かかる」と言われたら、誰でも驚くだろう。しかし、本書には十分納得できる解説が展開されているのだ。

「科学はおもしろい」と改めて思う。私が小学生のころ、学校で学研の「科学」と「学習」という子供向け雑誌が売られていた。「学習」のほうは一度も買ったことがないが、「科学」のほうは、ちょくちょく親に言って買ってもらい、ワクワクしながら読んだ。そのときの興奮が、本書を読んでいてよみがえってきた。

 少年の心を持ち続けていたからというよりは、初めて知ることが多かったからだ。すでに科学界では常識になっているのかもしれないが、学校を卒業してから30年以上が経って、私の科学知識は相当に陳腐化していたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る