「あなたが消えた夜に」中村文則著

公開日: 更新日:

「死体が出た。……2人目だ」。係長からの電話で、悪夢から覚めた市高署の刑事・中島は現場に向かった。目撃証言によれば犯人は1人目と同じくグレーのコートを着た男。凶器は包丁。連続通り魔事件発生とあって、小さな町に警視庁捜査1課が乗り込み、特別捜査本部が設置された。

 所轄の中島は、警視庁の美人刑事・小橋とコンビを組んで捜査にあたることになった。“コートの男”をめぐってマスコミの報道は過熱の一途。だが、事件は序の口に過ぎず、死体はなおも増え続けた。

 相次ぐ殺人の犯人は“コートの男”なのか。模倣犯の仕業なのか。あるいは、模倣犯を装って自分の目的を遂げようとする殺人者が存在するのか。

 事件は錯綜する。中島と小橋が足を棒にして探し当てた事件関係者や重要参考人は、みな心に闇を抱えている。刑事である中島自身、少年時代のつらい記憶にさいなまれ続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  7. 7

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  8. 8

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード