「あなたが消えた夜に」中村文則著

公開日:  更新日:

「死体が出た。……2人目だ」。係長からの電話で、悪夢から覚めた市高署の刑事・中島は現場に向かった。目撃証言によれば犯人は1人目と同じくグレーのコートを着た男。凶器は包丁。連続通り魔事件発生とあって、小さな町に警視庁捜査1課が乗り込み、特別捜査本部が設置された。

 所轄の中島は、警視庁の美人刑事・小橋とコンビを組んで捜査にあたることになった。“コートの男”をめぐってマスコミの報道は過熱の一途。だが、事件は序の口に過ぎず、死体はなおも増え続けた。

 相次ぐ殺人の犯人は“コートの男”なのか。模倣犯の仕業なのか。あるいは、模倣犯を装って自分の目的を遂げようとする殺人者が存在するのか。

 事件は錯綜する。中島と小橋が足を棒にして探し当てた事件関係者や重要参考人は、みな心に闇を抱えている。刑事である中島自身、少年時代のつらい記憶にさいなまれ続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る