「ルック・バック・イン・アンガー」樋口毅宏著

公開日:  更新日:

 アダルト雑誌の出版社で働く白鳥は、世界は自分のペニスを中心に回っているとの信条でこれまで生きてきた。

 14歳のときの2歳年上の恋人から現在に至るまで、白鳥はこれまで愛してきた女を、すべて他の男に抱かせてきた。他の男に抱かれた女を取り戻そうと必死にもがくときだけ、彼の愛は起動するのだ。営業部の女子社員・怜子も例外ではない。白鳥は怜子を上司の蜂村に抱かせたこともある。選択肢を与えられず隷属する怜子は、やがて土日にソープ嬢として他の男に抱かれるようになる。(「白鳥讃歌」)

 その他、酒に溺れるロック狂の男など、著者の編集者時代の体験をもとに破天荒な男たちの生きざまを描いた連作集。(祥伝社 570円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る