「ルック・バック・イン・アンガー」樋口毅宏著

公開日:  更新日:

 アダルト雑誌の出版社で働く白鳥は、世界は自分のペニスを中心に回っているとの信条でこれまで生きてきた。

 14歳のときの2歳年上の恋人から現在に至るまで、白鳥はこれまで愛してきた女を、すべて他の男に抱かせてきた。他の男に抱かれた女を取り戻そうと必死にもがくときだけ、彼の愛は起動するのだ。営業部の女子社員・怜子も例外ではない。白鳥は怜子を上司の蜂村に抱かせたこともある。選択肢を与えられず隷属する怜子は、やがて土日にソープ嬢として他の男に抱かれるようになる。(「白鳥讃歌」)

 その他、酒に溺れるロック狂の男など、著者の編集者時代の体験をもとに破天荒な男たちの生きざまを描いた連作集。(祥伝社 570円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る