「江戸の食卓に学ぶ」車浮代著

公開日:  更新日:

 和食のルーツである江戸料理の魅力を紹介する食ウンチク本。

 江戸の水では昆布の出汁がうまく取れなかったため、鰹出汁の文化が育ったという。醤油も輸送コストがかかり高価で、庶民の味付けは「塩と味噌で塩辛く」が基本だった。房総半島で醤油が造られるようになると、濃い味に慣れた庶民の味覚に合わせ香りが強い濃い口醤油が造られるようになったそうだ。一方で濃い口醤油の登場まで食卓に欠かせない調味料だった「煎酒」(梅干しと削り鰹を日本酒で煮詰めたもの)は消滅していった。こうした食文化の変遷から江戸料理の再現レシピまでをさまざまな視点から紹介し、江戸の食の奥深い世界を案内。

(ワニブックス 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る