「江戸の食卓に学ぶ」車浮代著

公開日:  更新日:

 和食のルーツである江戸料理の魅力を紹介する食ウンチク本。

 江戸の水では昆布の出汁がうまく取れなかったため、鰹出汁の文化が育ったという。醤油も輸送コストがかかり高価で、庶民の味付けは「塩と味噌で塩辛く」が基本だった。房総半島で醤油が造られるようになると、濃い味に慣れた庶民の味覚に合わせ香りが強い濃い口醤油が造られるようになったそうだ。一方で濃い口醤油の登場まで食卓に欠かせない調味料だった「煎酒」(梅干しと削り鰹を日本酒で煮詰めたもの)は消滅していった。こうした食文化の変遷から江戸料理の再現レシピまでをさまざまな視点から紹介し、江戸の食の奥深い世界を案内。

(ワニブックス 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る