「安倍政権のメディア支配」鈴木哲夫著

公開日:  更新日:

 政治とメディアとの関係を考察したテキスト。

 3月、ニュース番組のコメンテーター・古賀茂明氏が官邸からの圧力で降板させられたと発言。怒った自民党は、自主規制を仕向けるためか、同番組の放映局を呼び出し事情聴取をした。

 まずは、その古賀氏と対談。古賀氏は発言の真意を語りながら、権力の圧力によるテレビ報道の変質を危惧する。一方で、昨年末の総選挙前に在京テレビキー局に対して出された自民党からの要求など、マスメディアに対する自民党の介入の実態を紹介しながら、1990年以降の自民党によるコミュニケーション戦略とその背景を検証。自民党政治家の報道圧力発言が物議を醸す今こそ読むべきタイムリー本。

(イースト・プレス 861円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る