• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「安倍政権のメディア支配」鈴木哲夫著

投稿日:  更新日:

 政治とメディアとの関係を考察したテキスト。

 3月、ニュース番組のコメンテーター・古賀茂明氏が官邸からの圧力で降板させられたと発言。怒った自民党は、自主規制を仕向けるためか、同番組の放映局を呼び出し事情聴取をした。

 まずは、その古賀氏と対談。古賀氏は発言の真意を語りながら、権力の圧力によるテレビ報道の変質を危惧する。一方で、昨年末の総選挙前に在京テレビキー局に対して出された自民党からの要求など、マスメディアに対する自民党の介入の実態を紹介しながら、1990年以降の自民党によるコミュニケーション戦略とその背景を検証。自民党政治家の報道圧力発言が物議を醸す今こそ読むべきタイムリー本。

(イースト・プレス 861円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る