「安倍政権のメディア支配」鈴木哲夫著

公開日:  更新日:

 政治とメディアとの関係を考察したテキスト。

 3月、ニュース番組のコメンテーター・古賀茂明氏が官邸からの圧力で降板させられたと発言。怒った自民党は、自主規制を仕向けるためか、同番組の放映局を呼び出し事情聴取をした。

 まずは、その古賀氏と対談。古賀氏は発言の真意を語りながら、権力の圧力によるテレビ報道の変質を危惧する。一方で、昨年末の総選挙前に在京テレビキー局に対して出された自民党からの要求など、マスメディアに対する自民党の介入の実態を紹介しながら、1990年以降の自民党によるコミュニケーション戦略とその背景を検証。自民党政治家の報道圧力発言が物議を醸す今こそ読むべきタイムリー本。

(イースト・プレス 861円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る