「空の上の格差社会」杉浦一機著

公開日:  更新日:

 最近の旅客機のエコノミークラスの多くは、シートピッチ(前後の間隔)が1980年代よりも10センチ以上も狭くなり、立ち席シートの導入まで検討されている。一方でビジネスクラスのシートピッチは2メートルを超えるものまであり、ビジネスクラスの充実に押し上げられたファーストクラスでは、マンション型個室まで現れた。

 エコノミークラスの誕生当初、こうした格差の拡大は航空旅行を庶民のレベルに近づけるという効能があった。しかし、3クラス制の導入によって、上級クラスの待遇が向上するのに対してエコノミークラスは環境悪化の一途。こうした旅客機のクラス分けの歴史を追いながら、空の「貧富の格差」の影響と、未来を展望した業界研究本。

(平凡社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る