• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「空の上の格差社会」杉浦一機著

 最近の旅客機のエコノミークラスの多くは、シートピッチ(前後の間隔)が1980年代よりも10センチ以上も狭くなり、立ち席シートの導入まで検討されている。一方でビジネスクラスのシートピッチは2メートルを超えるものまであり、ビジネスクラスの充実に押し上げられたファーストクラスでは、マンション型個室まで現れた。

 エコノミークラスの誕生当初、こうした格差の拡大は航空旅行を庶民のレベルに近づけるという効能があった。しかし、3クラス制の導入によって、上級クラスの待遇が向上するのに対してエコノミークラスは環境悪化の一途。こうした旅客機のクラス分けの歴史を追いながら、空の「貧富の格差」の影響と、未来を展望した業界研究本。

(平凡社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る