「ナショナリズムの現在」萱野稔人ほか著

公開日: 更新日:

 5人の論客がいびつな形で高揚しつつある日本の「ナショナリズム」について論じ合った討論集。

 左翼陣営は、ネトウヨ(ネット右翼)を「社会から疎外されているかわいそうな人が、国家や民族のような『大いなるもの』に頼ってアイデンティティーを安定させたいだけ」と断定するが、その背後にあるものを見過ごしていると指摘。その背景には成熟社会としての日本の基礎設計がうまくなされていないことに対する不満のはけ口として排他主義が生まれていると読み解く。歴史観と関係なく感情的な反発の延長線上に排他主義としてのナショナリズムが一般化しているとも。

 国益すら無視して暴走を始めたナショナリズムとどう向き合うべきかを論じ合う。

(朝日新聞出版 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る