「ナショナリズムの現在」萱野稔人ほか著

公開日:  更新日:

 5人の論客がいびつな形で高揚しつつある日本の「ナショナリズム」について論じ合った討論集。

 左翼陣営は、ネトウヨ(ネット右翼)を「社会から疎外されているかわいそうな人が、国家や民族のような『大いなるもの』に頼ってアイデンティティーを安定させたいだけ」と断定するが、その背後にあるものを見過ごしていると指摘。その背景には成熟社会としての日本の基礎設計がうまくなされていないことに対する不満のはけ口として排他主義が生まれていると読み解く。歴史観と関係なく感情的な反発の延長線上に排他主義としてのナショナリズムが一般化しているとも。

 国益すら無視して暴走を始めたナショナリズムとどう向き合うべきかを論じ合う。

(朝日新聞出版 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る