「民主主義の敵は安倍晋三」佐高信著

公開日: 更新日:

 戦争への歩みを進める安倍首相と日本の民主主義の危機をテーマに、14人の論客と語り合った対論集。

 松元ヒロ氏とは、首相の人間としての幅の狭さや、気の小ささ故の攻撃性について論じ合う。松元氏は、首相が国会議員になった理由を子供に質問され、「祖父も父もこの仕事をやりました。だからこの職に就きました」と答えたことを指摘。政治家を「職業」と言う首相には、国会議員は国民を背負って立っているという意識がないんだと思ったと話す。その他、加藤紘一、小森陽一、鈴木邦男氏らと、危機に瀕した言論の自由や愛国心の危険性などについて考えるなど、さまざまな論点から語り合う。

(七つ森書館 1200円)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る