「民主主義の敵は安倍晋三」佐高信著

公開日:  更新日:

 戦争への歩みを進める安倍首相と日本の民主主義の危機をテーマに、14人の論客と語り合った対論集。

 松元ヒロ氏とは、首相の人間としての幅の狭さや、気の小ささ故の攻撃性について論じ合う。松元氏は、首相が国会議員になった理由を子供に質問され、「祖父も父もこの仕事をやりました。だからこの職に就きました」と答えたことを指摘。政治家を「職業」と言う首相には、国会議員は国民を背負って立っているという意識がないんだと思ったと話す。その他、加藤紘一、小森陽一、鈴木邦男氏らと、危機に瀕した言論の自由や愛国心の危険性などについて考えるなど、さまざまな論点から語り合う。

(七つ森書館 1200円)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る