日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「保守論壇亡国論」山崎行太郎著

■ネットメディアの「フォロワー」化した保守論壇

 保守というより極右。そういいたくなるほどの昨今の右傾化。はたして「保守」とは何なのか。

 江藤淳に私淑し、三島由紀夫を敬愛し、青年時代から保守を自任してきた団塊世代の著者。その人物が近年では最も活発な保守論壇批判の一人になっている。本書で批判されるのは桜井よしこ、中西輝政、西部邁、渡部昇一、西尾幹二ら名だたる現代の保守系知識人たち。彼らに1章ずつを割いて徹底批判を試みる。

 各章ではそれぞれの過去の論文や発言を広く参照し、多数の引用で言論のブレや変節を指摘しているが、注目は保守論壇の堕落を論じた第1章だろう。そもそも保守とは「いまあるものを保守する」ものだ。つまり保守は何らかの信条を貫こうとするイデオロギーではなく、「生き方や考え方のスタイル」なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事