「保守論壇亡国論」山崎行太郎著

公開日: 更新日:

■ネットメディアの「フォロワー」化した保守論壇

 保守というより極右。そういいたくなるほどの昨今の右傾化。はたして「保守」とは何なのか。

 江藤淳に私淑し、三島由紀夫を敬愛し、青年時代から保守を自任してきた団塊世代の著者。その人物が近年では最も活発な保守論壇批判の一人になっている。本書で批判されるのは桜井よしこ、中西輝政、西部邁、渡部昇一、西尾幹二ら名だたる現代の保守系知識人たち。彼らに1章ずつを割いて徹底批判を試みる。

 各章ではそれぞれの過去の論文や発言を広く参照し、多数の引用で言論のブレや変節を指摘しているが、注目は保守論壇の堕落を論じた第1章だろう。そもそも保守とは「いまあるものを保守する」ものだ。つまり保守は何らかの信条を貫こうとするイデオロギーではなく、「生き方や考え方のスタイル」なのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る