“同世代”がつづる戦争と平和への思い

公開日: 更新日:

 北川直実編「若者から若者への手紙 1945←2015」(ころから 1800円+税)は、終戦当時若者だった15人の戦争体験者に対し、現代の若者15人が手紙で思いをつづるという試み。ともすれば昔話になりかねない戦争の証言が、同世代のリアルな物語として突きつけられる。

 21歳の頃、東京大空襲で被災した清岡美知子さん。炎にまかれながらも一命を取り留めたが、父と姉は空襲の3日後に遺体で発見された。どうして2人を助けられなかったのか、今でも心の傷になっている。東京大空襲訴訟の原告団にもなったが、最高裁は遺族の訴えをすべて退けた。一夜にして膨大な数の命を奪った空襲をなかったことにした国の対応に、美知子さんは失望するしかなかった。

 現在28歳のアイザワ祥子さんは、2年前に結婚したばかり。平穏に暮らす日々だが、美知子さんらの訴えに国が出した「戦争の負担は国民が我慢するもの」という答えを知り、失望を隠せない。日本と、やがて生まれてくる子供の未来に不安を感じるが、自分たちが今、行動を起こさなければ同じ過ちを繰り返しかねないという思いを強くする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る