“同世代”がつづる戦争と平和への思い

公開日:  更新日:

 北川直実編「若者から若者への手紙 1945←2015」(ころから 1800円+税)は、終戦当時若者だった15人の戦争体験者に対し、現代の若者15人が手紙で思いをつづるという試み。ともすれば昔話になりかねない戦争の証言が、同世代のリアルな物語として突きつけられる。

 21歳の頃、東京大空襲で被災した清岡美知子さん。炎にまかれながらも一命を取り留めたが、父と姉は空襲の3日後に遺体で発見された。どうして2人を助けられなかったのか、今でも心の傷になっている。東京大空襲訴訟の原告団にもなったが、最高裁は遺族の訴えをすべて退けた。一夜にして膨大な数の命を奪った空襲をなかったことにした国の対応に、美知子さんは失望するしかなかった。

 現在28歳のアイザワ祥子さんは、2年前に結婚したばかり。平穏に暮らす日々だが、美知子さんらの訴えに国が出した「戦争の負担は国民が我慢するもの」という答えを知り、失望を隠せない。日本と、やがて生まれてくる子供の未来に不安を感じるが、自分たちが今、行動を起こさなければ同じ過ちを繰り返しかねないという思いを強くする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る