• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“同世代”がつづる戦争と平和への思い

 北川直実編「若者から若者への手紙 1945←2015」(ころから 1800円+税)は、終戦当時若者だった15人の戦争体験者に対し、現代の若者15人が手紙で思いをつづるという試み。ともすれば昔話になりかねない戦争の証言が、同世代のリアルな物語として突きつけられる。

 21歳の頃、東京大空襲で被災した清岡美知子さん。炎にまかれながらも一命を取り留めたが、父と姉は空襲の3日後に遺体で発見された。どうして2人を助けられなかったのか、今でも心の傷になっている。東京大空襲訴訟の原告団にもなったが、最高裁は遺族の訴えをすべて退けた。一夜にして膨大な数の命を奪った空襲をなかったことにした国の対応に、美知子さんは失望するしかなかった。

 現在28歳のアイザワ祥子さんは、2年前に結婚したばかり。平穏に暮らす日々だが、美知子さんらの訴えに国が出した「戦争の負担は国民が我慢するもの」という答えを知り、失望を隠せない。日本と、やがて生まれてくる子供の未来に不安を感じるが、自分たちが今、行動を起こさなければ同じ過ちを繰り返しかねないという思いを強くする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る