「革命戦士」と呼ばれた男の実像に迫る

公開日:  更新日:

「真説・長州力 1951-2015」田崎健太著

 昨今「プ女子」といわれるプロレス好き女性効果などもあり、プロレスブームが再燃しているという。だが、本書で描かれるプロレスは終始男だらけの世界だ。登場する女性は、プロレス団体の事務員程度という男くささプンプンの書である。

 プロレスといえば、アンドレ・ザ・ジャイアントが牛を1頭食ったやらなんやらの真偽不明のホラ吹き話も多いが、本書はプロレスラー・長州力の実像にかなり迫った書である。特に長州を美化するでもない。それが表れるのが、一時期はジャパンプロレスで共闘し、後に長州が立ち上げた団体で選手兼営業担当となる谷津嘉章と著者のやりとりのシーンだ。現在、谷津は長州と断絶している。谷津は不機嫌そうな様子でこう言った。

「これって長州の伝記みたいなものだから、事実を書けないところもあるんでしょ? 英雄伝みたいなものなんじゃないの?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る