若いモノがいたずらに悲観している場合ではない

公開日:  更新日:

「日本で100年、生きてきて」むのたけじ著

 1945年8月15日に、戦争責任は自らにもあると考えて「朝日新聞」に辞表を出した著者は今年100歳。現役のジャーナリストだ。

「戦争をやるときは敵国を欺くけど、自国民も2倍も3倍も欺く。戦争というのは、はじめから道徳と反対なんだ。ウソつかないとやれないのが戦争なんですよ」

 ズバリの指摘には小気味よささえ覚える。

「秘密保護法の目的はなんなの。アメリカの秘密がもれないようにしろという要求に応えたんでしょ」

 これ以上ない厚かましさで暴走する安倍政権に対しては絶望的になりかねないが、著者がその思想を源流としている魯迅流に言えば、著者は絶望に絶望して歩みつづけてきた。

 著者の思想の特徴は、日本人にありがちなあいまいさがないことであり、八方美人的妥協のないことである。しかし、妥協のないことは著者の場合、現実とは無縁に理想を語り続けることを意味しない。たとえば、純粋とは貫くことであり、時には敵の靴の泥をなめても理想を貫き通すことだと指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る