• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若いモノがいたずらに悲観している場合ではない

「日本で100年、生きてきて」むのたけじ著

 1945年8月15日に、戦争責任は自らにもあると考えて「朝日新聞」に辞表を出した著者は今年100歳。現役のジャーナリストだ。

「戦争をやるときは敵国を欺くけど、自国民も2倍も3倍も欺く。戦争というのは、はじめから道徳と反対なんだ。ウソつかないとやれないのが戦争なんですよ」

 ズバリの指摘には小気味よささえ覚える。

「秘密保護法の目的はなんなの。アメリカの秘密がもれないようにしろという要求に応えたんでしょ」

 これ以上ない厚かましさで暴走する安倍政権に対しては絶望的になりかねないが、著者がその思想を源流としている魯迅流に言えば、著者は絶望に絶望して歩みつづけてきた。

 著者の思想の特徴は、日本人にありがちなあいまいさがないことであり、八方美人的妥協のないことである。しかし、妥協のないことは著者の場合、現実とは無縁に理想を語り続けることを意味しない。たとえば、純粋とは貫くことであり、時には敵の靴の泥をなめても理想を貫き通すことだと指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る