単なる「差別ババア」ではないことに気づく

公開日: 更新日:

 本書は、曽野氏の長きにわたるキャリアで出版された73作の小説・エッセー・ノンフィクションと新聞コラムの中から141の「人生論」を抜粋したものである。

「他人の美点をわかることは才能である。他人の悪い点に気づくことはどんな凡人にもできる」

「次第に人生が見えてくると、人間が自分でなしうるのは、多くの場合与えられた偶然に乗っかっての結果だということがわかってくる。すると、『あふれるほどの感謝』というものが、ごく自然にできるようになる」

 こういった言葉が多数並ぶのだが、前書きにも本文にも書籍説明にも出てくる「努力すれば必ず報いられる」の欺瞞などにも迫り、人生には分相応というものがあり多くを求め過ぎぬよう戒めをするのである。

 紙媒体を主戦場とする著者は、ネットで炎上した際、「私のことを理解している紙の読者を相手にしていたはずなのに……」となり、ますますネットを嫌うようになる。そして、ネットユーザーもその著者をますます嫌いになる。これが現在の曽野氏をめぐる状況ともいえるが、曽野氏という先入観を捨てて本書を読めば、瀬戸内寂聴の説法を聞いているようにも感じられるだろう。その感覚を得た上で、曽野氏の名言を「つまみ食い」できる本書はおトクである。★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る