「実は、カラダに良くない健康法」熊谷修、山本祐二監修

公開日:  更新日:

 世の中にはさまざまな健康法があふれ、話題になるが、果たして本当なのか? 誰しも感じる44の疑問に老化・アンチエイジングと医療の専門家が○×△で答えた一冊。

 興味深いのは空腹になると長寿遺伝子が活性化され、長生きするという話。有名な医学雑誌にも紹介され事実だと思いがちだが、意外にも人間の3分の1しか寿命のないサルの動物実験から得られたもの。ヒトには当てはまらないという。

 日本の摂取カロリーは1975年をピークに減り始め、2004年には終戦時と同じかそれ以下になっていたということに驚かされる。メタボで医師の指導を受けていない限り、カロリー制限は必要なし、との言葉に安心する中高年も多いのではないか。
(マガジンハウス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る