「オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか」山田健著

公開日: 更新日:

 地球上の生き物は、もともと食物連鎖による三角形の生態系ピラミッド構造内に存在している。一番上に少数の肉食動物がいて、その下には雑食動物、さらにその下に植食動物、またその下には植物、そのさらに下にはすべての基盤となる土壌という図式だ。しかし何らかの理由で頂点の肉食動物が消えた場合、生態系に何が起こるのか。本書のタイトルは、そこで引き起こされる自然環境の異変を示す。

 人間によってオオカミが消えた日本では、鹿の大繁殖が起こった。結果、草木は食べ尽くされ、草木に依存する虫やその地をすみかとするウサギは次々姿を消した。虫を捕食する鳥も、鳥を捕食する猛禽類も激減。草木のない山の斜面は雨で土壌流失を起こし、ピラミッドの基盤である土壌も失われていく。これは異変の一例にすぎず、世界中で危機的状況が起きている。

 本書は生態系回復のためのアクションを提案。地球を食いつぶす前にいま人間ができることを考えさせてくれる。(集英社インターナショナル1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る