「砂の王宮」楡周平著

公開日:  更新日:

 昭和22年4月、神戸・三宮の闇市で甘味料に化ける薬剤を売りさばいて大金を稼いでいた塙太吉は、進駐軍相手のブローカーをしていた深町信介と出会う。

 戦後の混乱に乗じ、薬の安価販売で大儲けしようという深町と組んで莫大な利益を挙げた後、アメリカにあったスーパーマーケット商法を日本でも定着させ、面白いように次々と商売を成功させていく。しかし、東京1号店を出すために紹介された男との出会いによって、思いがけぬ事件に巻き込まれ、絶体絶命の危機に陥ってしまう……。

 本書は、自らの才覚で戦後の闇市から日本一のスーパーを立ち上げ、流通王となった男の栄枯盛衰を描いた経済小説。戦後の焼け跡から流通王にのし上がるまでの若き日々を描いた第1部と、後継者育成に悩む晩年の塙が過去から思わぬ逆襲を受ける第2部の2部構成。

 大企業が資本力を武器に業界を席巻した戦後から、古いビジネスモデルの終焉と新たなビジネスの萌芽へと続く流通史にもなっている。(集英社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る