• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生還者」下村敦史著

 ネパールとインドの国境地帯にまたがるカンチェンジュンガ山域で大きな雪崩が起き、日本人登山者7人のうち、4人の死体が発見された。増田直志の兄・謙一も、犠牲者のひとり。直志は信じられない思いで兄の葬儀に駆け付けた。

 というのも、4年前に遭難事故で婚約者を亡くして以来、兄は山に登ることをやめていたからだ。しかも遺品にあった兄のザイルには、人為的に切られた跡が残っていた。兄は殺されたのではないかという直志の疑いが日に日に大きくなるなか、相次いで2人の生存者が発見される。しかし帰国後それぞれが全く異なる証言をしたことから真相は闇の中へ。どちらが嘘をついているのか。真実を突き止めるべく、直志は行動を開始する。

 昨年「闇に香る嘘」で第60回江戸川乱歩賞を受賞した著者による最新作。一種の閉鎖空間である山岳地帯での死という特殊性と、山を愛する人の倫理観やルールを下敷きにした上質の山岳ミステリーに仕上がっている。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る