「生還者」下村敦史著

公開日: 更新日:

 ネパールとインドの国境地帯にまたがるカンチェンジュンガ山域で大きな雪崩が起き、日本人登山者7人のうち、4人の死体が発見された。増田直志の兄・謙一も、犠牲者のひとり。直志は信じられない思いで兄の葬儀に駆け付けた。

 というのも、4年前に遭難事故で婚約者を亡くして以来、兄は山に登ることをやめていたからだ。しかも遺品にあった兄のザイルには、人為的に切られた跡が残っていた。兄は殺されたのではないかという直志の疑いが日に日に大きくなるなか、相次いで2人の生存者が発見される。しかし帰国後それぞれが全く異なる証言をしたことから真相は闇の中へ。どちらが嘘をついているのか。真実を突き止めるべく、直志は行動を開始する。

 昨年「闇に香る嘘」で第60回江戸川乱歩賞を受賞した著者による最新作。一種の閉鎖空間である山岳地帯での死という特殊性と、山を愛する人の倫理観やルールを下敷きにした上質の山岳ミステリーに仕上がっている。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る