「生還者」下村敦史著

公開日:  更新日:

 ネパールとインドの国境地帯にまたがるカンチェンジュンガ山域で大きな雪崩が起き、日本人登山者7人のうち、4人の死体が発見された。増田直志の兄・謙一も、犠牲者のひとり。直志は信じられない思いで兄の葬儀に駆け付けた。

 というのも、4年前に遭難事故で婚約者を亡くして以来、兄は山に登ることをやめていたからだ。しかも遺品にあった兄のザイルには、人為的に切られた跡が残っていた。兄は殺されたのではないかという直志の疑いが日に日に大きくなるなか、相次いで2人の生存者が発見される。しかし帰国後それぞれが全く異なる証言をしたことから真相は闇の中へ。どちらが嘘をついているのか。真実を突き止めるべく、直志は行動を開始する。

 昨年「闇に香る嘘」で第60回江戸川乱歩賞を受賞した著者による最新作。一種の閉鎖空間である山岳地帯での死という特殊性と、山を愛する人の倫理観やルールを下敷きにした上質の山岳ミステリーに仕上がっている。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る