「十字路が見える」北方謙三著

公開日:  更新日:

 ハードボイルドの新星としてデビューして以降、男気あふれる作家として多くのファンを魅了し、時代小説の分野でも快進撃を続けてきたバイタリティーあふれる著者。本書は、そろそろ70歳の大台が射程に入ってきた円熟の時を迎えて、ますます生きていることのうまみを凝縮させる日々を描いた自叙伝的エッセーだ。

 人生の十字路ともいえる分岐点で出合ってきたものは数知れない。タコやワカメなど自力で生け捕る野性味あふれる食へのこだわり、没原稿を書き続けた若き日の決意、触発された音楽や映画との出合い、カンボジア・モロッコ・東欧など旅での武勇伝、初心者マークでイタリア車のマセラティを購入し3日目に免停になったこと、小説の登場人物を殺してしまうときの心境、時代小説へかじを切ったときのエピソード、デビューから40年近く伴走してくれた編集者の定年など、時の積み重ねを経た語りは相変わらず豪快でユーモラスでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る