「作家で十年いきのびる方法」鯨統一郎著

公開日:  更新日:

 主人公は、苦節17年でプロ作家となった伊留香総一郎。やっと作家になれたと安堵した直後、以前勤めていた会社の上司から「10年後も作家でいられるのか」と聞かれ、急に不安にかられる。まだ作家業は収入源にはならず本業の保険会社の代理店の仕事を辞めるわけにもいかない。少ない時間をやりくりし、妻に励まされながら執筆に励む日々。小説の書き方のマニュアル本を読み、好きな作品の構造を分析し、慣れない業界のパーティーに顔を出し、売り上げランキングや読者からの評判に一喜一憂しつつ、一年一年を重ねていく。作家であり続けることを目標として奮闘する伊留香は作家としていきのびることができるのか……。

 本書は、自身をモデルとして作家デビュー前を描いた小説「努力しないで作家になる方法」に続く、自伝的小説第2弾。毎年多くの新しい作家がデビューしながら、その中の一握りしか残らないという業界の中で生き残るための試行錯誤を赤裸々に描いている。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る