• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「作家で十年いきのびる方法」鯨統一郎著

 主人公は、苦節17年でプロ作家となった伊留香総一郎。やっと作家になれたと安堵した直後、以前勤めていた会社の上司から「10年後も作家でいられるのか」と聞かれ、急に不安にかられる。まだ作家業は収入源にはならず本業の保険会社の代理店の仕事を辞めるわけにもいかない。少ない時間をやりくりし、妻に励まされながら執筆に励む日々。小説の書き方のマニュアル本を読み、好きな作品の構造を分析し、慣れない業界のパーティーに顔を出し、売り上げランキングや読者からの評判に一喜一憂しつつ、一年一年を重ねていく。作家であり続けることを目標として奮闘する伊留香は作家としていきのびることができるのか……。

 本書は、自身をモデルとして作家デビュー前を描いた小説「努力しないで作家になる方法」に続く、自伝的小説第2弾。毎年多くの新しい作家がデビューしながら、その中の一握りしか残らないという業界の中で生き残るための試行錯誤を赤裸々に描いている。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る