「作家で十年いきのびる方法」鯨統一郎著

公開日:  更新日:

 主人公は、苦節17年でプロ作家となった伊留香総一郎。やっと作家になれたと安堵した直後、以前勤めていた会社の上司から「10年後も作家でいられるのか」と聞かれ、急に不安にかられる。まだ作家業は収入源にはならず本業の保険会社の代理店の仕事を辞めるわけにもいかない。少ない時間をやりくりし、妻に励まされながら執筆に励む日々。小説の書き方のマニュアル本を読み、好きな作品の構造を分析し、慣れない業界のパーティーに顔を出し、売り上げランキングや読者からの評判に一喜一憂しつつ、一年一年を重ねていく。作家であり続けることを目標として奮闘する伊留香は作家としていきのびることができるのか……。

 本書は、自身をモデルとして作家デビュー前を描いた小説「努力しないで作家になる方法」に続く、自伝的小説第2弾。毎年多くの新しい作家がデビューしながら、その中の一握りしか残らないという業界の中で生き残るための試行錯誤を赤裸々に描いている。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る