「快楽」青山七恵著

公開日:  更新日:

 慎司は、妻の耀子をヴェニスへの旅に誘い出す。結婚8年を経ても、モデル並みの美しさを保つ耀子だが、慎司は彼女との味気ない夫婦生活に不満を抱いていた。旅行には、慎司が招待した小谷夫婦も同行する。喫茶店を営む小谷徳史は、恵まれた容姿で幼いころから女たちの好色な視線にさらされてきた。

 一方、彼の妻・芙祐子は慎司の目にはコーギー犬のように映り、まるで自分たち夫婦とは正反対だ。無邪気に海外旅行を楽しんでいた芙祐子だが、次第に慎司夫妻と行動することにめいってくる。耀子は、夫がこの旅行中に自分が徳史と浮気することを望んでいることを知る。

 喪失感を抱えた4人の視線と思いが絡み合う長編小説。(講談社 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る