「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」樋野興夫著

公開日:  更新日:

 順天堂大学医学部で腫瘍学・病理学の教授を務めるかたわら、「がん哲学外来」の創始者としてがん患者と関わってきた著者が、死を意識したときに人はどう生きるべきかを説いた一冊。がんになったことで生きる意味を見失った人やうつ状態になった人の硬直した心を、温かく生き生きとしたものに変える「言葉の処方箋」が紹介されている。

 誰もが突然余命を告げられれば、少なからずショックを受ける。しかし人間いつか死ぬのは確実であり、余命は確率論に過ぎない。ならば曖昧な余命を思い煩うことはない。病気を機に人生の優先順位や自身の使命に気づき、自分のためでなく自分の外側にあるもののために生きてはどうか、と著者は提案する。

 新渡戸稲造「武士道」や内村鑑三の「後世への最大遺物」などの愛読書も紹介。良い師や良い友に必ずしも恵まれなくても、どんなときにも本からは学ぶことができると読書の効能も説く。決して特別ではない言葉が優しく心に響く。(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る