• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」樋野興夫著

 順天堂大学医学部で腫瘍学・病理学の教授を務めるかたわら、「がん哲学外来」の創始者としてがん患者と関わってきた著者が、死を意識したときに人はどう生きるべきかを説いた一冊。がんになったことで生きる意味を見失った人やうつ状態になった人の硬直した心を、温かく生き生きとしたものに変える「言葉の処方箋」が紹介されている。

 誰もが突然余命を告げられれば、少なからずショックを受ける。しかし人間いつか死ぬのは確実であり、余命は確率論に過ぎない。ならば曖昧な余命を思い煩うことはない。病気を機に人生の優先順位や自身の使命に気づき、自分のためでなく自分の外側にあるもののために生きてはどうか、と著者は提案する。

 新渡戸稲造「武士道」や内村鑑三の「後世への最大遺物」などの愛読書も紹介。良い師や良い友に必ずしも恵まれなくても、どんなときにも本からは学ぶことができると読書の効能も説く。決して特別ではない言葉が優しく心に響く。(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る