「ウクライナ日記」アンドレイ・クルコフ著、吉岡ゆき訳

公開日: 更新日:

 ウクライナの人気作家が、その目で見た2013年の「マイダン(独立広場)革命」の詳細をつづった日記。

 11月21日木曜日。ロシアの黒海艦隊の基地があるセバストポリに隕石が落ちたその日、首相がEUとの連合協定調印の準備作業停止を発表。氏は、隕石はウクライナのヨーロッパ統合中止をプーチンに伝えるためのものではないかと皮肉る。フェイスブックを開くと協定の調印を求め、氏が住むマンションの近くにあるマイダン(広場)に繰り出そうという書き込みが相次いでいた……。

 やがて抗議行動は流血の事態となり、大統領は国外逃亡。一方でクリミア半島が独立を宣言してロシアへ編入されてしまう革命の推移を、作家の冷静な目で記録する。(集英社 2400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る