「ウクライナ日記」アンドレイ・クルコフ著、吉岡ゆき訳

公開日:  更新日:

 ウクライナの人気作家が、その目で見た2013年の「マイダン(独立広場)革命」の詳細をつづった日記。

 11月21日木曜日。ロシアの黒海艦隊の基地があるセバストポリに隕石が落ちたその日、首相がEUとの連合協定調印の準備作業停止を発表。氏は、隕石はウクライナのヨーロッパ統合中止をプーチンに伝えるためのものではないかと皮肉る。フェイスブックを開くと協定の調印を求め、氏が住むマンションの近くにあるマイダン(広場)に繰り出そうという書き込みが相次いでいた……。

 やがて抗議行動は流血の事態となり、大統領は国外逃亡。一方でクリミア半島が独立を宣言してロシアへ編入されてしまう革命の推移を、作家の冷静な目で記録する。(集英社 2400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る