「ウクライナ日記」アンドレイ・クルコフ著、吉岡ゆき訳

公開日: 更新日:

 ウクライナの人気作家が、その目で見た2013年の「マイダン(独立広場)革命」の詳細をつづった日記。

 11月21日木曜日。ロシアの黒海艦隊の基地があるセバストポリに隕石が落ちたその日、首相がEUとの連合協定調印の準備作業停止を発表。氏は、隕石はウクライナのヨーロッパ統合中止をプーチンに伝えるためのものではないかと皮肉る。フェイスブックを開くと協定の調印を求め、氏が住むマンションの近くにあるマイダン(広場)に繰り出そうという書き込みが相次いでいた……。

 やがて抗議行動は流血の事態となり、大統領は国外逃亡。一方でクリミア半島が独立を宣言してロシアへ編入されてしまう革命の推移を、作家の冷静な目で記録する。(集英社 2400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る