• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「坂東三津五郎踊りの愉しみ」坂東三津五郎著、長谷部浩編

 歌舞伎役者、そして日本舞踊、坂東流の家元だった著者(今年2月急逝)が、歌舞伎舞踊の奥深い世界を案内してくれる芸談書。

 舞踊は「出」「クドキ」「手踊り」「段切れ」の4つの部分に分かれており、少なくともこの4つの部分を違う色に見せていかなければ面白い舞踊にはならないという。また、踊りの上手と下手の分かれ目は、振りと振りの間を踊りとしてうまくつなげることができるかどうかだと解説。そうした踊りの本質から、最初に踊りを教わった坂東三津弥をはじめ師匠らの思い出、そして3代目以来、坂東家では伝説化している「道成寺」をはじめとする各演目への思いや見どころなど。鑑賞、そして稽古にも役立つ格好の手引書である。(岩波書店 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る