「真夜中の北京」ポール・フレンチ著、笹山裕子訳

公開日:  更新日:

 1937年1月8日の早朝、北京旧市街の東、狐狸塔と呼ばれる望楼の下で金髪の少女の惨殺体が見つかる。知らせを受けた警察局のハンは、外国人が暮らすリゲーション・クオーター(公使館区域)の行政官トーマスと共に現場に駆けつける。少女の遺体は無残に切り刻まれ、顔も原形をとどめていなかった。

 さらに調べると、少女の肋骨が切られ、心臓が抜き取られていた。やがて、少女は天津の寄宿舎からクリスマス休暇のために帰省中のパメラと分かる。パメラは、学者で、元英国領事のワーナーの養女だった。

 実際に起きた事件をもとに描くノンフィクションミステリー。英米の2大ミステリー賞を受賞した話題作だ。(河出書房新社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る