「真夜中の北京」ポール・フレンチ著、笹山裕子訳

公開日: 更新日:

 1937年1月8日の早朝、北京旧市街の東、狐狸塔と呼ばれる望楼の下で金髪の少女の惨殺体が見つかる。知らせを受けた警察局のハンは、外国人が暮らすリゲーション・クオーター(公使館区域)の行政官トーマスと共に現場に駆けつける。少女の遺体は無残に切り刻まれ、顔も原形をとどめていなかった。

 さらに調べると、少女の肋骨が切られ、心臓が抜き取られていた。やがて、少女は天津の寄宿舎からクリスマス休暇のために帰省中のパメラと分かる。パメラは、学者で、元英国領事のワーナーの養女だった。

 実際に起きた事件をもとに描くノンフィクションミステリー。英米の2大ミステリー賞を受賞した話題作だ。(河出書房新社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る