「真夜中の北京」ポール・フレンチ著、笹山裕子訳

公開日: 更新日:

 1937年1月8日の早朝、北京旧市街の東、狐狸塔と呼ばれる望楼の下で金髪の少女の惨殺体が見つかる。知らせを受けた警察局のハンは、外国人が暮らすリゲーション・クオーター(公使館区域)の行政官トーマスと共に現場に駆けつける。少女の遺体は無残に切り刻まれ、顔も原形をとどめていなかった。

 さらに調べると、少女の肋骨が切られ、心臓が抜き取られていた。やがて、少女は天津の寄宿舎からクリスマス休暇のために帰省中のパメラと分かる。パメラは、学者で、元英国領事のワーナーの養女だった。

 実際に起きた事件をもとに描くノンフィクションミステリー。英米の2大ミステリー賞を受賞した話題作だ。(河出書房新社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る

人気キーワード