「できる男は超少食」船瀬俊介著

公開日: 更新日:

 タモリ(70歳)、ビートたけし(68歳)、水谷豊(63歳)、ジャパネットたかたの高田明元社長(66歳)……。彼らに共通しているのが「1日1食」という食生活だ。精力的に仕事をする男なら、食事も精のつくものをたっぷりと食べているかと思いきや、そうではないらしい。

「少食」の効果はさまざまあるが、ひとつには頭が冴えて記憶力や思考力が高まることが挙げられる。これは、脳細胞がデトックスされ、脳が若返り活性化するためだと本書。

 さらに、食べ物の消化に費やすエネルギーが少なくて済むため、睡眠時間も短くて事足り、その分さまざまな活動にまわせるというわけだ。

 少食の実行を阻む思い込みを取り除くための新常識や、少食実行の手順、そして何を食べるべきかまで、徹底解説する。(主婦の友社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る