• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「できる男は超少食」船瀬俊介著

 タモリ(70歳)、ビートたけし(68歳)、水谷豊(63歳)、ジャパネットたかたの高田明元社長(66歳)……。彼らに共通しているのが「1日1食」という食生活だ。精力的に仕事をする男なら、食事も精のつくものをたっぷりと食べているかと思いきや、そうではないらしい。

「少食」の効果はさまざまあるが、ひとつには頭が冴えて記憶力や思考力が高まることが挙げられる。これは、脳細胞がデトックスされ、脳が若返り活性化するためだと本書。

 さらに、食べ物の消化に費やすエネルギーが少なくて済むため、睡眠時間も短くて事足り、その分さまざまな活動にまわせるというわけだ。

 少食の実行を阻む思い込みを取り除くための新常識や、少食実行の手順、そして何を食べるべきかまで、徹底解説する。(主婦の友社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る