「黒闇」草凪優氏

公開日: 更新日:

 男を勃たせるだけでなく女をも濡らす、官能小説界の“両刀遣いのカリスマ”が恋愛小説に挑んだ。著者自身、初の単行本化に気合も十分だ。

「官能文庫はオジサンを意識してヤボなほうがいい部分があるけれど、今作は女性読者を意識して、洗練を心がけました」

 とはいえファンの期待は決して裏切らず、切なく狂おしい濡れ場もある。

「当初、濡れ場がなくてもいいと言われたんだけれど、ないとやる気がまったく出なくてね(笑い)。セックスがテーマなのは間違いないけれど、官能小説と違うのは日常のリアリティーと“愛”です」

 主人公の迫田は元ミュージシャン。35歳で無職、妻に養われるヒモ男だ。社会的に底辺の男が、ある依頼を機に人生が激変。身を売って糊口をしのぐ母娘に出会い、まっとうな日常とささやかな幸せを手に入れる。ところがそれは長く続かない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る