• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「黒闇」草凪優氏

 男を勃たせるだけでなく女をも濡らす、官能小説界の“両刀遣いのカリスマ”が恋愛小説に挑んだ。著者自身、初の単行本化に気合も十分だ。

「官能文庫はオジサンを意識してヤボなほうがいい部分があるけれど、今作は女性読者を意識して、洗練を心がけました」

 とはいえファンの期待は決して裏切らず、切なく狂おしい濡れ場もある。

「当初、濡れ場がなくてもいいと言われたんだけれど、ないとやる気がまったく出なくてね(笑い)。セックスがテーマなのは間違いないけれど、官能小説と違うのは日常のリアリティーと“愛”です」

 主人公の迫田は元ミュージシャン。35歳で無職、妻に養われるヒモ男だ。社会的に底辺の男が、ある依頼を機に人生が激変。身を売って糊口をしのぐ母娘に出会い、まっとうな日常とささやかな幸せを手に入れる。ところがそれは長く続かない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る