日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ルポ 過労社会」中澤誠氏

 2012年2月、東京新聞横浜支局で担当だった記者クラブ会見が、過労死を扱うきっかけになったという。

「ワタミの過労自殺の労災認定があり、横浜の裁判所記者クラブに行きました。そのとき、弁護士の説明で『36協定』という言葉を初めて聞いたんです。てっきり、カタカナだと思い『サブロクってなんですか?』と質問したくらい労働問題の素人でした」

 そのためか、本の内容は初心者にもわかりやすい。労働基準法32条は、労働時間を1日8時間、週40時間までとし、残業を禁じている。だが36条で経営者側と労働者側の協議で上限時間を決めれば残業可能という例外があり、36協定と呼ばれている。ワタミフードサービスも月120時間の36協定が結ばれていた。

「ワタミの創業者・渡辺美樹さんはカリスマ経営者として有名な人物で、そのグループ会社で入社2カ月の女性社員が働かされ過ぎで自殺したわけです。世の中であがめられていた会社でなぜこんなことが? と最初ギャップを感じましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事