「自由に老いる」海老坂武氏

公開日: 更新日:

 ベストセラー「シングル・ライフ」から30年。副題は「おひとりさまのあした」。独身者という言葉に代わって「シングル」は名実共にすっかり市民権を得た。だが、老いるにつれて不安や心配はないだろうか。

「ふたりで老いていく人のほうが、ぼくは悲惨じゃないかという気がするんですよ。相手が亡くなっていく姿を見ていると、お互いにつらいのではないか。大体は亭主が奥さんに介護してもらって先に死んで、妻は子どもに……となりますが、その順番でいくとも限らないしね。新聞記事を見ても、介護疲れなのか、妻を殺す事件もありますよね。ひとりの場合は、自分のことをどうにかすればいいんです。ぼくは、戦後の雑然とした世の中に育ってきましたからね、なるようになれ、ということが根本にあるのかもしれません」

 大学を定年退職後、沖縄やパリ、芦屋を移り住む止まり木生活をし、イタリア語の勉強、テニスや野球を満喫していた。ところが70歳で難聴になり、いや応なく老いと向き合うことに。偏屈、せっかち、怒りっぽい、無感動、昔話をするなど、老人の特徴が自分に当てはまるか自己分析していく筆致はユーモラスで知的。認知症や介護の暗い話題は出てこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る