「自由に老いる」海老坂武氏

公開日:  更新日:

 ベストセラー「シングル・ライフ」から30年。副題は「おひとりさまのあした」。独身者という言葉に代わって「シングル」は名実共にすっかり市民権を得た。だが、老いるにつれて不安や心配はないだろうか。

「ふたりで老いていく人のほうが、ぼくは悲惨じゃないかという気がするんですよ。相手が亡くなっていく姿を見ていると、お互いにつらいのではないか。大体は亭主が奥さんに介護してもらって先に死んで、妻は子どもに……となりますが、その順番でいくとも限らないしね。新聞記事を見ても、介護疲れなのか、妻を殺す事件もありますよね。ひとりの場合は、自分のことをどうにかすればいいんです。ぼくは、戦後の雑然とした世の中に育ってきましたからね、なるようになれ、ということが根本にあるのかもしれません」

 大学を定年退職後、沖縄やパリ、芦屋を移り住む止まり木生活をし、イタリア語の勉強、テニスや野球を満喫していた。ところが70歳で難聴になり、いや応なく老いと向き合うことに。偏屈、せっかち、怒りっぽい、無感動、昔話をするなど、老人の特徴が自分に当てはまるか自己分析していく筆致はユーモラスで知的。認知症や介護の暗い話題は出てこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る