「自由に老いる」海老坂武氏

公開日:  更新日:

 ベストセラー「シングル・ライフ」から30年。副題は「おひとりさまのあした」。独身者という言葉に代わって「シングル」は名実共にすっかり市民権を得た。だが、老いるにつれて不安や心配はないだろうか。

「ふたりで老いていく人のほうが、ぼくは悲惨じゃないかという気がするんですよ。相手が亡くなっていく姿を見ていると、お互いにつらいのではないか。大体は亭主が奥さんに介護してもらって先に死んで、妻は子どもに……となりますが、その順番でいくとも限らないしね。新聞記事を見ても、介護疲れなのか、妻を殺す事件もありますよね。ひとりの場合は、自分のことをどうにかすればいいんです。ぼくは、戦後の雑然とした世の中に育ってきましたからね、なるようになれ、ということが根本にあるのかもしれません」

 大学を定年退職後、沖縄やパリ、芦屋を移り住む止まり木生活をし、イタリア語の勉強、テニスや野球を満喫していた。ところが70歳で難聴になり、いや応なく老いと向き合うことに。偏屈、せっかち、怒りっぽい、無感動、昔話をするなど、老人の特徴が自分に当てはまるか自己分析していく筆致はユーモラスで知的。認知症や介護の暗い話題は出てこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る