「恐竜は滅んでいない」小林快次氏

公開日:  更新日:

 恐竜が誕生したのは、今から約2億3000万年前。以降、約1億6400万年にわたり全大陸を支配し続けたが、約6600万年前に突如として、恐竜は地球上から姿を消した。

 恐竜図鑑や教科書から、このように学んできた人がほとんどのはずだ。しかし、それは違っていた。

「恐竜は絶滅していません。実は今も、私たちのごく身近に恐竜の子孫がいるんですよ」と著者。

 恐竜といえばゴツゴツしたウロコの体を思い浮かべるが、1996年に中国の白亜紀の地層からある化石が発見され、その常識が覆ったのだ。

「羽を持った恐竜の化石が見つかったんですよ。その後、立て続けに同様の化石が発見され、『鳥類は恐竜類』という認識が研究者だけではなく、一般の間にも広がりました。さらに、2012年に中国の遼寧省で発見されたティラノサウルス類の化石からも、羽が確認されたりと、恐竜絶滅説を覆す紛れもない証拠が次々と出てきているんですね。このことから、鳥類は飛行に特化して小型化しながら進化した恐竜の種であることがわかりました。つまり、私たちが焼き鳥屋で食べている鳥や、公園にいるスズメやハトは恐竜の子孫なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る