日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「仁義なき宅配」横田増生氏

 本の帯には「企業にもっとも嫌われるジャーナリストが書く、衝撃の潜入労働ルポ!」とある。著者は元物流の業界紙記者。2005年、アマゾンの物流センターに6カ月間も潜入、「アマゾン・ドット・コムの光と影」という本を書いて話題になった。本書も同じ手法で、宅配の裏側を暴いていく。

 ノンフィクションにはさまざまな取材スタイルがある。なぜ、潜入にこだわるのか?
「この本を書くために佐川急便のドライバー助手もやりましたし、ヤマト運輸の物流の玄関拠点、羽田のクロノゲートでも働きました。実は当初、取材は難航を極めたんです。ヤマト運輸が全然、取材を受けてくれない。クール宅急便の不祥事があるので1年くらいは無理だとか言われて。しかし、その間にも日経新聞の取材などは受けているんですね。僕の取材は受けたくないんだなとわかった。途方に暮れていたときにヤマトは羽田に拠点があり、大勢の人が働いていることを知った。これは潜入できるんじゃないか、と思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事