「三河の風」外山滋比古著

公開日: 更新日:

 徳川発祥の地である三河は、明治維新以来、賊軍となって厳しい風にさらされたが、三河の人間はじっと耐えた。寒風に吹かれていると体が意識しなくなる。被害を受けても感じないのは、〈慈悲の無知〉である。だが、維新によって敗者となり苦しんだ人間や地方があることは知ってほしい。三河の人間は意気地なしだからそういうことから目をそらして生きてきたが、力で押しつぶすことができない根性がいつか必ず頭を持ち上げることを、三河の人間は黙って示している。(「吹きざらし」)

 三河出身の著者が、年を取ってふるさとへの鎮魂の思いをつづった一冊。

(展望社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  9. 9

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  10. 10

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

もっと見る

人気キーワード