「三河の風」外山滋比古著

公開日: 更新日:

 徳川発祥の地である三河は、明治維新以来、賊軍となって厳しい風にさらされたが、三河の人間はじっと耐えた。寒風に吹かれていると体が意識しなくなる。被害を受けても感じないのは、〈慈悲の無知〉である。だが、維新によって敗者となり苦しんだ人間や地方があることは知ってほしい。三河の人間は意気地なしだからそういうことから目をそらして生きてきたが、力で押しつぶすことができない根性がいつか必ず頭を持ち上げることを、三河の人間は黙って示している。(「吹きざらし」)

 三河出身の著者が、年を取ってふるさとへの鎮魂の思いをつづった一冊。

(展望社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  4. 4

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  5. 5

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  6. 6

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  9. 9

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

  10. 10

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る