「微笑む慶喜」戸張裕子著、河合重子監修

公開日:  更新日:

■最後の将軍の晩年をアルバムで振り返る

 最後の将軍、徳川慶喜の晩年を多くの写真と史料で読み解いていくビジュアル歴史読み物。

 朝敵の汚名を着せられ静岡で謹慎生活を送っていた慶喜は、明治30年に勝海舟らの働きかけで東京に戻り、翌年、親戚筋にあたる有栖川宮威仁親王の力添えで、かつての居城であった江戸城への参内が実現、明治天皇に謁見(えっけん)する。

 冒頭に取り上げられる紋服姿の肖像写真は、写真好きだった自身が撮影したと思われる62歳当時のもの。当初、大礼服がないと参内のご下命を辞退していた慶喜は、天皇から「和服にても苦しゅうない」といわれ、初参内はこの紋服姿で出かけていったという。

 以後、参内を重ね、明治35年には、公爵に叙せられ名誉回復を果たす。御授爵のために参内した慶喜は、親授式前のため爵位服ではなく「五七桐の大礼服」を着用して2頭立ての馬車で宮中に向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る