今こそ知りたい大人のための日本の歴史本特集!

公開日: 更新日:

「図説 日本史通覧」黒田日出男監修

 誰もが学生時代に一度は学んだはずの「日本の歴史」。ところが、覚えているのはゴロ合わせの年代くらいで、肝心の基礎知識すら怪しくて冷や汗をかいた経験はないだろうか? そこで今回は、もっと深く本質に迫った大人のための歴史本を5冊ご紹介!

 もともと高校生向け日本史の資料集として作られたというこの本。学生向けのお勉強本だと思って侮るなかれ。ページをめくれば、次から次へと繰り広げられるカラフルな図版に目を奪われる。単に年代の出来事を追う通覧ではなく、時代の流れがわかる時間軸に帝国書院お得意の地理的な視点も加わっている。よりリアルにより複眼的に歴史を把握できることもあって、いま大人世代にも大売れしているのだ。

 たとえば、巻頭特集(2)の「幕末動乱の舞台 京都」では、京都の地図上に幕府関連の建物や事件が起きた場所がマッピングされており、いつどこで何が起きたのかを町全体を俯瞰しながら把握することができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  4. 4

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  11. 10

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

もっと見る