「日本の『運命』について語ろう」浅田次郎氏

公開日:  更新日:

「ぼくらの世代以降は、歴史を正しく教わっていません。近現代は授業でやらなかったし、最近は高校の日本史が選択科目になっている。従軍慰安婦も靖国神社も、何のことかわからない人が多くなってしまいました。でも、そういう基礎的な知識が欠如していたら、外国人とつきあえないし、外交もできません。ぼくはこれまで欠落した150年の日本の歴史を勉強して小説を書いてきましたが、そこでこぼれた話をお伝えしてきた講演録が今度の本です」

 小説誕生にまつわるエピソードが興味深い。「地下鉄に乗って」の背後には父の出征シーンがあり、自衛隊にいたとき知った占守島の戦いが、「終わらざる夏」に結実している。

「ぼくはね、『普通に考えたら、どうか』というのを大事にしてるんです。歴史は、自分たちの都合で善か悪か判断してはダメですよ。むしろ成功か失敗か、客観的に考えることが必要です。食堂で何を食べるか、誰と恋愛するかも『普通に考えたら』わかるんですよ。日本が大陸に侵略したのも、『普通に考えれば』それなりの事情があっただろうし、これはひどい、という事実もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る