「冒険歌手 珍・世界最悪の旅」峠恵子著

公開日:  更新日:

 順風満帆な人生を歩んでいたシンガー・ソングライターの著者は、あまりの順調さに「このままでいいわけがない」と不安を抱いていた。苦労を知らないという弱点を克服すべく模索していた30代のある日、手にした雑誌で「日本ニューギニア探検隊」の隊員募集という文字が目に飛び込んできた。

 その探検とは、ヨットで太平洋を渡り、ニューギニア島の大河マンベラモを遡上、オセアニアの最高峰カルステンツ・ピラミッド北壁の新ルートをロッククライミングで開拓するというもの。人生がひっくりかえるような苦労をするチャンスと直感した著者は迷わず応募。本書は、出港から帰国まで1年以上に及んだ、その命がけの探検の詳細をつづるノンフィクション。(山と溪谷社 1200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る