「あなたの空洞」伊藤たかみ著

公開日: 更新日:

 妻の愛里が、20年目を迎えた結婚記念日に温泉に行こうと言い出した。本当は、俊之と愛里が同棲を始めて20年なのだが、3年目に子供が出来て慌てて入籍したものの、流産してしまい、以来、結婚記念日は同棲記念日に引き戻されていた。愛里は2人の思い出の場所・伊豆大島を20年ぶりに再訪したいという。筋腫が悪化した愛里は医師から子宮の全摘出を勧められ結論を出せずにいた。医師からは今後の出産の予定も確かめられたに違いない。愛里は決めかねているようだが、俊之は彼女が大切だからこそ子宮を諦めて欲しい。しかし、それをどのように伝えようか考えがまとまらない。(「あなたの空洞」)

 微妙な心の揺れを抱えて生きる人々の日常を描いた4つの物語を収録。(文藝春秋 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る