「だまし犯罪百科」間川清著

公開日:  更新日:

 振り込め詐欺など特殊詐欺の昨年の被害額は約560億円。本書は、高齢者を狙い、ますます多様化・巧妙化するだましの手口を物語形式で紹介しながら、その対応策を伝授するハンドブック。

 いままでの電話機が使えなくなると言われ、リース契約をしてしまい電話機に毎月5万、5年の契約を結ばされてしまった75歳の自営業者をはじめ、注文していない商品が代金引換で届く「送り付け商法」などの悪徳手法の数々。さらに、時効になったはずの借金がわずか500円の支払いで復活してしまい莫大な遅延損害金を請求された例や、振り込め詐欺の被害者を狙い被害金回復の名目で供託金を出させる手口など。世にはびこる犯罪手口やトラブルをケーススタディー。(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る