「風かおる」葉室麟著

公開日: 更新日:

 黒田藩藩士の三女に生まれた菜摘は、3歳で同じ藩の佐十郎の元に養女に出された。しかし、10年後に佐十郎が致仕したため実家に戻り、鍼灸師の亮に嫁いだ。夫から鍼灸術やオランダ医学を学んだ菜摘は、今では長崎に留学した夫に代わり患者の治療を引き受けていた。ある日、往診を頼まれ出かけた庵で、佐十郎と再会する。駆け落ちした妻とその相手を10年間追い続け、妻敵討ちを果たして帰郷した佐十郎は、重い病を抱えているようだった。菜摘は佐十郎が近々、ある人物と果たし合いをしようとしていることを知る。相手は、10年前に佐十郎に妻敵討ちをそそのかした人物らしい。

 流転する男の人生を哀歓豊かに描く長編時代小説。(幻冬舎 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  6. 6

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  7. 7

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る