「風かおる」葉室麟著

公開日: 更新日:

 黒田藩藩士の三女に生まれた菜摘は、3歳で同じ藩の佐十郎の元に養女に出された。しかし、10年後に佐十郎が致仕したため実家に戻り、鍼灸師の亮に嫁いだ。夫から鍼灸術やオランダ医学を学んだ菜摘は、今では長崎に留学した夫に代わり患者の治療を引き受けていた。ある日、往診を頼まれ出かけた庵で、佐十郎と再会する。駆け落ちした妻とその相手を10年間追い続け、妻敵討ちを果たして帰郷した佐十郎は、重い病を抱えているようだった。菜摘は佐十郎が近々、ある人物と果たし合いをしようとしていることを知る。相手は、10年前に佐十郎に妻敵討ちをそそのかした人物らしい。

 流転する男の人生を哀歓豊かに描く長編時代小説。(幻冬舎 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る