「獄中で聴いたイエスタデイ」瀧島祐介著

公開日:  更新日:

 1980年1月16日、コンサートのため来日したポール・マッカートニーは、マリフアナ不法所持で現行犯逮捕、成田空港から警視庁に送られ、勾留された。ちょうどその時期、バリバリの極道だった著者は殺人罪に問われて雑居房にいた。ポールの房とはわずか数メートルしか離れていなかった。

「ポール! ハロー!」。運動場に現れたポールに、著者は臆することなく話しかけ、同じ雑居房のインテリ過激派の通訳で言葉を交わす。スーパースターは驚くほどフランクだった。

 ある晩、ポールに向かって叫んでみた。「ポール! 『イエスタデイ』プリーズ!」。すると、「OK!」と声がした。手と足で床をたたいてリズムをとると、ポールは歌い始めた。その歌声は、極道の魂を揺さぶった。

 それから長い道のりを経て更生し、今はカタギの生活を送っている。獄中ですっかりファンになったポールの人生をからませながら、波乱に満ちた半生を振り返った自伝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る