「獄中で聴いたイエスタデイ」瀧島祐介著

公開日:  更新日:

 1980年1月16日、コンサートのため来日したポール・マッカートニーは、マリフアナ不法所持で現行犯逮捕、成田空港から警視庁に送られ、勾留された。ちょうどその時期、バリバリの極道だった著者は殺人罪に問われて雑居房にいた。ポールの房とはわずか数メートルしか離れていなかった。

「ポール! ハロー!」。運動場に現れたポールに、著者は臆することなく話しかけ、同じ雑居房のインテリ過激派の通訳で言葉を交わす。スーパースターは驚くほどフランクだった。

 ある晩、ポールに向かって叫んでみた。「ポール! 『イエスタデイ』プリーズ!」。すると、「OK!」と声がした。手と足で床をたたいてリズムをとると、ポールは歌い始めた。その歌声は、極道の魂を揺さぶった。

 それから長い道のりを経て更生し、今はカタギの生活を送っている。獄中ですっかりファンになったポールの人生をからませながら、波乱に満ちた半生を振り返った自伝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る