「日本で100年、生きてきて」むのたけじ著

公開日: 更新日:

「何よりも懸念されるのは、『自民1強』となって、安倍内閣が図に乗ること。戦争というものの実態を知らない若い政治家が威勢のいいことを言って、軍国日本に戻る可能性が高まった。そう思える」

 2013年8月、参院選での自民党の勝利を受けて、老ジャーナリストはこう語った。2年後の今、懸念はその通りになっている。

 むのたけじは今年100歳。若き日に朝日新聞記者として中国、東南アジアを取材し、戦争の惨禍を目の当たりにした。1945年、8月15日。敗戦の日に、「負け戦を勝ち戦と書き、戦争遂行の手助けをした責任を取る」と朝日新聞を辞めた。そして、ふるさとの秋田県横手市に戻り、週刊新聞「たいまつ」を創刊。長年健筆をふるい、戦争をなくすことに命をかけてきた。

「戦争を自らが裁く作業をやらなければならなかったのにやらなかった。命が助かったというだけでぼーっとなって、全然能力なかった。私たちの世代が悪いのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る