「日本で100年、生きてきて」むのたけじ著

公開日: 更新日:

「何よりも懸念されるのは、『自民1強』となって、安倍内閣が図に乗ること。戦争というものの実態を知らない若い政治家が威勢のいいことを言って、軍国日本に戻る可能性が高まった。そう思える」

 2013年8月、参院選での自民党の勝利を受けて、老ジャーナリストはこう語った。2年後の今、懸念はその通りになっている。

 むのたけじは今年100歳。若き日に朝日新聞記者として中国、東南アジアを取材し、戦争の惨禍を目の当たりにした。1945年、8月15日。敗戦の日に、「負け戦を勝ち戦と書き、戦争遂行の手助けをした責任を取る」と朝日新聞を辞めた。そして、ふるさとの秋田県横手市に戻り、週刊新聞「たいまつ」を創刊。長年健筆をふるい、戦争をなくすことに命をかけてきた。

「戦争を自らが裁く作業をやらなければならなかったのにやらなかった。命が助かったというだけでぼーっとなって、全然能力なかった。私たちの世代が悪いのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る