「日本で100年、生きてきて」むのたけじ著

公開日:  更新日:

「何よりも懸念されるのは、『自民1強』となって、安倍内閣が図に乗ること。戦争というものの実態を知らない若い政治家が威勢のいいことを言って、軍国日本に戻る可能性が高まった。そう思える」

 2013年8月、参院選での自民党の勝利を受けて、老ジャーナリストはこう語った。2年後の今、懸念はその通りになっている。

 むのたけじは今年100歳。若き日に朝日新聞記者として中国、東南アジアを取材し、戦争の惨禍を目の当たりにした。1945年、8月15日。敗戦の日に、「負け戦を勝ち戦と書き、戦争遂行の手助けをした責任を取る」と朝日新聞を辞めた。そして、ふるさとの秋田県横手市に戻り、週刊新聞「たいまつ」を創刊。長年健筆をふるい、戦争をなくすことに命をかけてきた。

「戦争を自らが裁く作業をやらなければならなかったのにやらなかった。命が助かったというだけでぼーっとなって、全然能力なかった。私たちの世代が悪いのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る