「日本で100年、生きてきて」むのたけじ著

公開日:  更新日:

「何よりも懸念されるのは、『自民1強』となって、安倍内閣が図に乗ること。戦争というものの実態を知らない若い政治家が威勢のいいことを言って、軍国日本に戻る可能性が高まった。そう思える」

 2013年8月、参院選での自民党の勝利を受けて、老ジャーナリストはこう語った。2年後の今、懸念はその通りになっている。

 むのたけじは今年100歳。若き日に朝日新聞記者として中国、東南アジアを取材し、戦争の惨禍を目の当たりにした。1945年、8月15日。敗戦の日に、「負け戦を勝ち戦と書き、戦争遂行の手助けをした責任を取る」と朝日新聞を辞めた。そして、ふるさとの秋田県横手市に戻り、週刊新聞「たいまつ」を創刊。長年健筆をふるい、戦争をなくすことに命をかけてきた。

「戦争を自らが裁く作業をやらなければならなかったのにやらなかった。命が助かったというだけでぼーっとなって、全然能力なかった。私たちの世代が悪いのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る