「ヤコブソン・セレクション」ロマン・ヤコブソン著、桑野隆ほか編訳

公開日:  更新日:

 20世紀を代表するロシア出身の言語学者の膨大な著作の中から選りすぐりを編んだ論考集。

「詩人たちを浪費した世代」では、亡くなった畏友で詩人のマヤコフスキイを追悼。故人の実験的な未来派詩人としての顔と、社会風刺の詩人の顔は「中世演劇におけるような喜劇的な面と悲劇的な面」と同じで、なんの矛盾も転向もないと記す。その他、多くの学問分野で応用される「選択」と「結合」などの二項図式を駆使して、言語一般の特徴と失語症との関係を論じた「言語の二つの面と失語症の二つのタイプ」や、幼児の言語音獲得の初期段階にアプローチする「なぜ『ママ』と『パパ』なのか」など11の論文で多岐に及ぶその仕事を概観する。(平凡社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る