「『東京電力』研究排除の系譜」斎藤貴男著

公開日: 更新日:

 原発事故を起こした東京電力の企業体質を検証するノンフィクション。

 福島第1原発の事故処理で活躍したのはアメリカの軍事ロボットだった。実は、1999年に通産省が30億円を費やして原発防災支援ロボットシステムを完成させたが、「原子力発電技術機構」は実用化を見送ったという。その報告書には、事故の際には人間が放射能を浴びながら処理すればよいと主張しているとしか思えない文言が並ぶ。こうした内部資料を読み解きながら、東京電力や「原子力ムラ」の人々が原発の安全について、どう考えていたのか明らかにする。さらにそうした体質が長年保ち続けられてきた背景を、戦後のアメリカとの関係や代々の経営者らの言動を検証しながら、つまびらかにする。(KADOKAWA 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る