「『東京電力』研究排除の系譜」斎藤貴男著

公開日:  更新日:

 原発事故を起こした東京電力の企業体質を検証するノンフィクション。

 福島第1原発の事故処理で活躍したのはアメリカの軍事ロボットだった。実は、1999年に通産省が30億円を費やして原発防災支援ロボットシステムを完成させたが、「原子力発電技術機構」は実用化を見送ったという。その報告書には、事故の際には人間が放射能を浴びながら処理すればよいと主張しているとしか思えない文言が並ぶ。こうした内部資料を読み解きながら、東京電力や「原子力ムラ」の人々が原発の安全について、どう考えていたのか明らかにする。さらにそうした体質が長年保ち続けられてきた背景を、戦後のアメリカとの関係や代々の経営者らの言動を検証しながら、つまびらかにする。(KADOKAWA 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る