「雪煙」森村誠一著

公開日: 更新日:

 国際刑事警察機構捜査官の高木は、休暇を利用して訪ねたオーストリアの名峰グロスグロックナーの麓で日本人女性と知り合う。数カ月後、帰国した高木は再会したその女性・陽子と穂高に登る約束を交わす。元恋人が山で死んだということ以外、陽子は何も自分のことは語ろうとしない。そして、2人は上高地の宿で忘れられない一夜を過ごす。

 やがて、陽子は高木が捜査するバグラス(変造旅券)製造組織に関わる暴力団の組長・清瀬の愛人だと分かる。任意同行直前、姿を消した清瀬の遺体が、丹沢の山中で見つかる。高木は遺体と一緒に見つかった腕時計が数年前に事件に巻き込まれて殺された元恋人・香保のものだと気づく。

 巨匠による長編山岳ミステリー傑作セレクションの一冊。(光文社 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る

人気キーワード