「孤高 国語学者 大野晋の生涯」川村二郎著

公開日:  更新日:

 日本語の研究を通して、「日本人とは何か」と問い続けた国語学者、大野晋の生涯を描く評伝。

 大正8年、東京・深川の砂糖問屋に生まれた大野は、書画骨董に夢中だった父親が掛け軸を「カケジ」と呼ぶその言い方が、長じても耳に残っていたというほど、幼いころから言葉に鋭敏な感覚を持っていた。一高進学後、「日本とは何か」という問いの答えを「万葉集」に求める中、江戸時代の学者・契沖の書物に衝撃を受け、学問の素晴らしさに開眼。辞典の編纂や名著「日本語練習帳」の執筆に飽き足らず、還暦を過ぎてから「日本語の起源はタミル語である」との研究成果を発表し、論争を巻き起こす。その終わりなき学者魂を描きながら、日本語の奥深さをも伝える。(集英社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る