• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「土風」坂岡真著

 浪人などを大名や旗本に派遣する口入れ屋の「蛙屋」を営む忠兵衛は、悪党を闇に葬る「帳尻屋」というもうひとつの顔を持つ。ある日、仙台藩伊達家の出入り旗本・財部家の用人頭・柳瀬から、参勤交代の大名行列に加える300人の供人を集めるよう依頼が舞い込む。人集めに奔走する忠兵衛は、ひょんなことから元幕臣の浜崎と知り合う。浜崎は、上役の指示で、法度を破って集金した小普請金を米相場などに投じたことを悔い、身分を捨てたという。浜崎の協力で300人の浪人を集めることに成功した忠兵衛だが、寸前になって、「山吹屋」に浪人たちを根こそぎ横取りされてしまう。(「入札御免」)

 新シリーズ「帳尻屋仕置」開幕編。(双葉社 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る