「土風」坂岡真著

公開日:  更新日:

 浪人などを大名や旗本に派遣する口入れ屋の「蛙屋」を営む忠兵衛は、悪党を闇に葬る「帳尻屋」というもうひとつの顔を持つ。ある日、仙台藩伊達家の出入り旗本・財部家の用人頭・柳瀬から、参勤交代の大名行列に加える300人の供人を集めるよう依頼が舞い込む。人集めに奔走する忠兵衛は、ひょんなことから元幕臣の浜崎と知り合う。浜崎は、上役の指示で、法度を破って集金した小普請金を米相場などに投じたことを悔い、身分を捨てたという。浜崎の協力で300人の浪人を集めることに成功した忠兵衛だが、寸前になって、「山吹屋」に浪人たちを根こそぎ横取りされてしまう。(「入札御免」)

 新シリーズ「帳尻屋仕置」開幕編。(双葉社 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る