「ユダヤ式交渉術」矢部正秋著

公開日:  更新日:

 弁護士として多くの交渉事に携わってきた著者が、現代最高と太鼓判を押すユダヤ式交渉術の実際を伝授する手引書。

 ユダヤ式交渉術には、祖国を追われ異国で迫害に耐えながら2000年間も生き抜いてきた民族の経験のエッセンスが凝縮しているという。世界に君臨したロスチャイルド財閥の基礎を築いたマイヤーが、趣味の古銭集めを武器に名門貴族に取り入り、フランス革命を機に巨万を築いた経緯を紹介。さらに彼の5人の息子たちがヨーロッパ各国に進出していずれも大富豪にのし上がっていく姿など、多くの事例に学びながら、「生きることは世間との交渉である」との思いに貫かれたユダヤ式交渉術の神髄を学ぶ。(PHP研究所 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る