「アリババ 中国eコマース覇者の世界戦略」ポーター・エリスマン著、黒輪篤嗣訳

公開日: 更新日:

 中国の巨大企業アリババの内幕を描く企業ノンフィクション。

 著者は、創業間もない2000年から8年間、グループ初のアメリカ人社員として同社に勤務し、副社長まで務めた。元教師の創業者ジャック・マー会長は、杭州市の自宅マンションを拠点に世界の中小企業をつなぐ市場の創出を目指し起業。

「この人は世界をあっと驚かせることをしてくれそうだ」と直感した初対面の印象から、彼の片腕として過ごしてきた日々を回顧。社員のSARS感染で、本社全員が自宅隔離される中でのウェブサイトの運営続行や、大手イーベイの中国進出を阻止するために立ち上げた「タオバオ」など。同社発展の軌跡を克明に描くとともに、身近に接したマー会長の経営哲学や素顔なども紹介。(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る

人気キーワード