「アリババ 中国eコマース覇者の世界戦略」ポーター・エリスマン著、黒輪篤嗣訳

公開日:  更新日:

 中国の巨大企業アリババの内幕を描く企業ノンフィクション。

 著者は、創業間もない2000年から8年間、グループ初のアメリカ人社員として同社に勤務し、副社長まで務めた。元教師の創業者ジャック・マー会長は、杭州市の自宅マンションを拠点に世界の中小企業をつなぐ市場の創出を目指し起業。

「この人は世界をあっと驚かせることをしてくれそうだ」と直感した初対面の印象から、彼の片腕として過ごしてきた日々を回顧。社員のSARS感染で、本社全員が自宅隔離される中でのウェブサイトの運営続行や、大手イーベイの中国進出を阻止するために立ち上げた「タオバオ」など。同社発展の軌跡を克明に描くとともに、身近に接したマー会長の経営哲学や素顔なども紹介。(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る