• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アリババ 中国eコマース覇者の世界戦略」ポーター・エリスマン著、黒輪篤嗣訳

 中国の巨大企業アリババの内幕を描く企業ノンフィクション。

 著者は、創業間もない2000年から8年間、グループ初のアメリカ人社員として同社に勤務し、副社長まで務めた。元教師の創業者ジャック・マー会長は、杭州市の自宅マンションを拠点に世界の中小企業をつなぐ市場の創出を目指し起業。

「この人は世界をあっと驚かせることをしてくれそうだ」と直感した初対面の印象から、彼の片腕として過ごしてきた日々を回顧。社員のSARS感染で、本社全員が自宅隔離される中でのウェブサイトの運営続行や、大手イーベイの中国進出を阻止するために立ち上げた「タオバオ」など。同社発展の軌跡を克明に描くとともに、身近に接したマー会長の経営哲学や素顔なども紹介。(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る