「戦場中毒 撮りに行かずにいられない」横田徹著

公開日: 更新日:

 世界各地の紛争地を渡り歩いてきた戦場カメラマンがつづる迫真のルポルタージュ。

 24歳のときに、20年ぶりに再会した父の影響で戦場カメラマンを目指すことにした氏は、1997年、カンボジアのクーデターのニュースを耳にして現地に向かい、カメラの操作もおぼつかないまま、最前線に飛び込んでいく。以来、2001年の9・11同時テロ直前のアフガニスタンでのタリバン従軍取材を皮切りに、同地を何度も訪れ、タリバンとアメリカ軍の戦いを継続的に取材。さらにイスラム国の拠点ラッカ取材など、死と隣り合わせの戦場で兵士や住民らの真実の姿をカメラに収めてきた。戦場という麻薬の虜になった著者がその目で見た世界の現実をリアルに伝える。(文藝春秋 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

もっと見る

人気キーワード