「戦場中毒 撮りに行かずにいられない」横田徹著

公開日:  更新日:

 世界各地の紛争地を渡り歩いてきた戦場カメラマンがつづる迫真のルポルタージュ。

 24歳のときに、20年ぶりに再会した父の影響で戦場カメラマンを目指すことにした氏は、1997年、カンボジアのクーデターのニュースを耳にして現地に向かい、カメラの操作もおぼつかないまま、最前線に飛び込んでいく。以来、2001年の9・11同時テロ直前のアフガニスタンでのタリバン従軍取材を皮切りに、同地を何度も訪れ、タリバンとアメリカ軍の戦いを継続的に取材。さらにイスラム国の拠点ラッカ取材など、死と隣り合わせの戦場で兵士や住民らの真実の姿をカメラに収めてきた。戦場という麻薬の虜になった著者がその目で見た世界の現実をリアルに伝える。(文藝春秋 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る