• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「60t(トゥルー)とf(フォルス)の境界線」石川智健著

 警視庁捜査1課の刑事だった有馬は、定年目前に誤判対策室に出向。死刑囚が拘置所で無罪を訴え続けている場合、事件を再捜査する新組織で、検察官の春名と弁護士の世良とともに働き始める。

 仕事に身が入らない有馬だが、ある日、行きつけの小料理屋の女将から、客が自分は人をヤッたことがあり、その件で無実の人間が逮捕され死刑囚になっていると連れの客に話しているのを耳にしたと聞く。資料を調べると、4年前に起きた母子3人が犠牲になった強盗殺人事件が浮かぶ。事件では犯人として古内という男の死刑が確定していた。取り調べ映像を見た有馬は、冤罪を確信。春名らと事件を調べ始める。新しいタイプの法廷ミステリー。

(講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る