• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「60t(トゥルー)とf(フォルス)の境界線」石川智健著

投稿日:  更新日:

 警視庁捜査1課の刑事だった有馬は、定年目前に誤判対策室に出向。死刑囚が拘置所で無罪を訴え続けている場合、事件を再捜査する新組織で、検察官の春名と弁護士の世良とともに働き始める。

 仕事に身が入らない有馬だが、ある日、行きつけの小料理屋の女将から、客が自分は人をヤッたことがあり、その件で無実の人間が逮捕され死刑囚になっていると連れの客に話しているのを耳にしたと聞く。資料を調べると、4年前に起きた母子3人が犠牲になった強盗殺人事件が浮かぶ。事件では犯人として古内という男の死刑が確定していた。取り調べ映像を見た有馬は、冤罪を確信。春名らと事件を調べ始める。新しいタイプの法廷ミステリー。

(講談社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る